SSブログ

「リアル×ワールド」ダイジェスト版放送(11/26) [身辺雑記]

少しだけTV番組のご紹介を。
明日11月26日(月)日本テレビ系「スッキリ」内でとあるご夫婦の妊娠〜出産までを追うドキュメンタリーが特集として放送されます。

これ、11月17日(土)に同じく日本テレビの関東ローカル番組の「リアル×ワールド」というドキュメンタリー枠で放送された「This is my life 2 〜新しい命を受け入れて」のダイジェスト版。

番組HPから内容をご紹介すると・・・。

不妊治療、そして3度の流産を乗り越えてやっと子供を授かった夫婦が、妊娠18週の時、羊水検査でダウン症を告知されました。ショックを受けた夫婦の心はすれ違います・・・夫の思いは?妻の思いは?葛藤を抱えながら、お腹の命と向き合う2人。出生前診断で子供の障がいがわかったら、7、8割は中絶を選択すると言われる中で、夫婦は出産に向かいます。そんな2人と同居する両親には、45年間、胸に秘めてきた命への深い思いがありました。そして迎えた出産の日・・・・・夫婦と両親、犬3匹の家族にやってきた新しい命。出生前診断が注目される今、その論議に大きな一石を投じる家族の物語です。

昨今話題の出生前診断。ここに登場するご夫婦の奥さまが診断を受けられた直後からブログを書かれていて、そのブログをわたしも偶然見つけてずっと拝見していたので、よりドキュメンタリーを見て考えさせられることが多かったように思います。

この「やさぐれ日記」で紹介したいなと思ったのは、不妊とか高齢出産とか、最近メディアで取り上げられることが急増しているような気はしてますが、基本、自分が当事者になるかかなり近い関係の人が当事者にならない限り縁遠い世界で、わたし自身、その世界に足を踏み入れて知ることがとっても多かったのです。なので、もし少しでもアンテナにひっかかった方がいて、「知る」きっかけになれば嬉しいなと思って。

このドキュメンタリーに登場される女性はとてもフラットで理性的でその背筋がしゃんと伸びた姿は凛々しくて。でもそこに到達するまでのご本人、ご主人の葛藤はいかばかりかと思います。でもこんな風に感じていけばいいんだなとお会いしたこともない方なのに、ひとつの今後の目標にさせていただきたいような方だと感じました。

知らないよりも知っておいたほうがいいことはたくさんあります。いえ、知っておくべきこと、といってもいいかもしれません。世の中のすべてのことを知ることは不可能だけど、すこしでもアンテナを広げておくことは大事なことだと改めて感じました。意識してないと、日々の暮らしにかまけてついつい自分の興味のなかで過ごしてしまいがちですものね。



nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 4

コメント 2

noel

私は息子を持つために3年間不妊治療をしました。その時に子供を持つことの意味を改めで問うことが出来きました。
その時間やいろんな事も含めて無駄ではなかったと思っています。
少子化や子育て、時間と共に問題も少しずつ変化していくとは思いますがそれぞれの家族の形を模索しながら生きていくものでは無いかなあと思っています。

何事も無関心(無視)は良くないです。知っていれば何かの時に出来ることが有るかもしれませんから。
私はそう思っています。
by noel (2012-11-26 14:27) 

カオリ

>noelmさま
コメントありがとうございます。noelさんも不妊治療後経験者でしたか・・・。ほんとに不妊治療を続けていると「なぜ自分たちは子供を生み育てたいのか」という問題をどうしても考えざるを得ませんよね。自分自身が当事者になってはじめて腑に落ちるというか見えてくるものも確かにありますので、確かに無駄ではないとは思っています。とはいえ、経験せずにすむならそれにこしたことはないと思いますが・・・。

すべてのことを経験することはできないけれど「知る」ことはできます。noelさんのおっしゃるとおり、いろんなことに無関心でいることだけは避けたいなぁと常々思っています。

nice!ありがとうございます。
by カオリ (2012-11-27 15:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0